環境用語集

琵琶湖システムびわこしすてむ

「琵琶湖と共生する農林水産業」の総称。
伝統的な琵琶湖漁業、水田での湖魚の産卵、水源となる山々の保全やヨシ帯の保全など、琵琶湖と共生する持続的な農林水産業の仕組みのこと。
生物多様性や食文化、景観が受け継がれている。
2019年に「森・里・湖に育まれる漁業と農業が織りなす琵琶湖システム」として日本農業遺産に認定された。